読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人アイドル(?)を応援すること

blog

なんかここ1、2年、ハッピーに浮かれてるジャニーズファンより

意気消沈してるファンを目にすることの方が多い気がする。

 

鉄壁のガードが崩れてるからなんだろうけど、なんか。

これを機にタレントが過ごしやすい感じになればいいなーって思いつつ

じわじわ受けていたダメージがなんか、結構いいところまで来てるのかもしれないって

自覚したお話です。

 

 

鉄腕DASH

ちょっとした流れの中で出たほんの些細な一言なんだけど、

 『俺も仕事辞めよっかな』

って、聞いた途端に一瞬時間が止まっちゃった。笑

 

あんまり、言って欲しくなかったなぁ。

去年先輩のあんなに悲しい姿を見た後だったから余計に反応しちゃったのかもしれないし、

山口君自身も去年色々あったって背景から勝手にはっとしちゃったのかもしれないけど

なんか。なんか。

冗談ってわかってるし、なごやかな感じだったけど、

 

じゃあ、ファンは?

って、思ってしまった。

 

そういえば前もTOKIOでこれ感じたなーって思い返せば、

トキステでも同じような趣旨の発言にちくっと反応したことがあったんだっけ。

 

芸能人の中でも比較的不自由な<アイドル>の彼ら。

いつの間にか上がいないところまで来ちゃった彼ら。

 

でもねーーーわかるんだよーーーー

もしかしたら彼が<アイドル>じゃなかったら、彼の生活は上手くいったのかもとか

 

いつまでも10代の頃の延長線上で

普通のおじさん芸能人には求められないことが求められちゃう不自然さとか。

 

メンバーの幸せは、本当に本当に願ってて、

ただ幸せな彼らを応援していたいだけなんだけど

 

実際、あの事務所で大人アイドルになった人達の

あんまり幸せじゃない部分がいろんなところでチラチラしてて

なんだか。なんだか。

 

トニセンがおじさん同士のきゃっきゃを雑誌の人に求められて~って話も

そこ言うならやらなきゃいいじゃん、やるなら言わないでおこうよ、って思っちゃったり 。

あれなら、なんやねん!じゃあ設定ですって書けや!そしたらやるわ!って光一の方が

個人的には全然いいよなぁ、とか。

 

なんだか色んなところで積み重なってきてたちょっと寂しい気持ちが一気に噴き出しちゃった。 

 

 

脱線した話戻してTOKIOに帰ると、

まぁ大概が後輩を立てるためだったり謙遜だったり(って無理やり信じこむけど!)するからいちいち反応することじゃないんだろうけど、

 

応援してるのが届かずに「自分たちは人気ないから」「音楽よりバラエティ」ってなるの見るのがとーーーーっても切ない。

 

もともとTOKIOの中でも一歩引いてる部分があったりする山口さん。

昨日のね、一言がね、殊更なんだかすごく孤独に聞こえちゃって。

 

V6の周年ライブのリボンサプライズみたいに何か届けられる瞬間があればいいのに。

エゴだし本人たちからしたら「何そんな」って感じかもしれないけど

ファンの愛とか感謝とかたくさんの気持ちでTOKIOを包めたらいいのにーーー!!

 

 

別の応援してる人たちと比べて

TOKIO応援してるときは切ない気持ちになることが多すぎるんだよう。

 

 

もう世界遺産作るのとかどうでもいいから

まずは勝手に幸せになりやがれバカヤローーーーーー!!!! 

 

そして安心して応援させてくれーーーーー!!

 

  

 P.S. タイトルの割に中身がなくってすみません(´・ω・`)

案外ダメージがおっきくて。とりあえず、はきだしたかったんです。